【五等分の花嫁 第12話 感想】終わらないでクレメンス…【アニメレビュー&無料視聴!】

五等分の花嫁の第12話のネタバレ、感想レビューです!

さぁいよいよ最終回ですね!

アニメはどこまで進むのか楽しみです。

 

前回の記事をまだご覧になってない場合は下記からどうぞ!

【五等分の花嫁】ニ乃デレデレやんけ!【アニメ第10話 個人的感想・レビュー】

2019年9月3日

 

ちなみに当記事はすでにアニメを視聴している方に向けて書いているので、まだ見てないよって方は先に視聴することをおすすめします!

 

アニメの見逃し配信について

「アニメを見逃してしまった」または「もう一度観たい!」

という場合は『dアニメストア』『Hulu』をおすすめします。

当ブログで紹介しているアニメのほとんどが『dアニメ』と『Hulu』で視聴可能です。

どちらも無料体験期間があるのでお気軽にお試しくださいね!

 

dアニメストア

アニメの作品数が圧倒的。
月額400円(税別)
31日間無料体験可能!

Hulu

アニメ以外にも海外ドラマや映画も豊富!
月額933円(税別)
14日間無料体験可能!

 

【五等分の花嫁 第12話 結びの伝説2000日目】のあらすじ

まずはあらすじから。

林間学校の最終日。自由参加のスキーに来ていた風太郎たちだったが、朝から五月の姿が見当たらなかった。遭難しているかもしれないと全員で五月を探すが、なかなか見つからない。果たして五月を見つけることは出来るのか!? そして五つ子の気持ちの行方は─

dアニメストア ニコニコ支店より引用

あらすじを見る限り、五月が見当たらないとのことです。

五月探し(もうどこにいるか僕はわかっているのですが)をするようですが、最終回それでいいのか?!

あらすじを見てあーだこーだ言うのは野暮だと思いますので、早速本題の感想とネタバレをしていきましょう。

というわけで以下、ネタバレ注意です!

【五等分の花嫁 第12話 結びの伝説2000日目】感想、ネタバレ

 

一花と三玖の電話からスタートしました。

そしてOPカットか、前回で見納めでしたね。

 

両手に華作戦の三玖可愛い。

そして電話に風太郎が近づいてきた時の三玖も可愛い。

三玖はいつも可愛い(12回全部で言ってた気がする)。

 

そして五月探しが始まります。

どうやら風太郎の体調が優れない様子。

スプリンクラーで濡れたのと、らいはに風邪をうつされたようです。

 

前回から顔が赤かったのは風邪だったんですね。

そしてここで出てくる一花はやはり五月っぽい。

声優さんはかなり頑張ってるんですが、やっぱりわかってしまいます。

 

風太郎の推理パート。

バーローよろしくです。笑

おそらく「上杉くーん」で気づいたのかな?

 

そして一花とリフトに乗る風太郎。

名探偵風太郎はしっかり五月を見抜いていました。

こういったところでも風太郎はイケメンです。

 

五月は一花の振りをして風太郎の良し悪し?を確かめたかったから一花の振りをしていた…ということでしょうか。

僕の理解がちょっと足りないのかよくわかりませんでした。

正しい答えを知っている方、記事下のコメント欄からご教示ください!

 

風太郎は体調不良で別室に。

しかし5つ子は進入禁止となりました。

 

ニ乃に金太郎は会えないという風太郎。

そうやって誤魔化すのかぁ。禍根を残さないといいね。

バレた時が大変そうです。

 

前田が肝試しの女子と仲良くなってるのに笑いました。

何気にこのカップルが成功するのでは、と思います。

 

一花と三玖の会話パートで、風太郎が最初からおかしかったことに気づきました。

そう言えば無駄にハイテンションでしたね。

あのときから風邪ひいてたのか。笑

 

三玖は風太郎との接し方に悩んでいたようですが、独り占めしたいという感情を認めるようにしました。

「風太郎を好き」

と断言する三玖。

三玖はいつも可愛い(毎回言い続けた)。

 

そして「お好きにどうぞ」「負けないから」とも続けます。

三玖のヒロインムーブがやばいことになっています。

風太郎、寝てる場合やあらへんで!

 

それを受けた一花も笑顔に。

わだかまりが解けたように思います。

よかったね。

 

そして四葉、五月パートに。

四葉は風太郎が体調悪いところを連れ出したことを後悔している様子。

しかし風太郎のしおりには色々なことが書かれていました。

 

四葉は決して風太郎の邪魔をしていたわけではなく、楽しんでいたということがわかります。

普段明るい四葉が暗くなると一気に不安になりますね。

やっぱり四葉はテンション高い方がいいですよね!

 

なんと五月は先生が寝ている間に風太郎の部屋に忍び込んでいました。

そして先生がいなくなったところを見計らって電気をつけると…まさかの全員集合!

 

5人とも風太郎の身を案じて部屋に集まっていたのです。

風太郎、実に羨ましい限りですね。

 

ニ乃まで来ていたのが意外でした。

(三玖も言っていたけど)

 

最終的にキャンプファイヤーのフィナーレで手を繋いでいたのは、

 

というところで場面は数年後に。

らいはが目玉焼きを焼いているシーンからスタートしました。

 

あれですかタイトルの2000日目はそう言う意味か。

2000日ってどれくらいだろ…5年くらいですかね。

5年後に結婚するんですね!

(風太郎が大学を卒業したくらいでしょうかね。そう考えるといい時期です)

 

そして新郎入場。

前田と女子のカップルが成就していて笑いました。

やっぱりキャンプファイヤーの伝説は本物やったんや!

 

新婦入場!

果たしてそこに立っていたのは誰でしょうか?

髪の色的には五月っぽい?ですが、そういうわけでもないでしょう。

今はわかりません。

 

んで結局フィナーレで手を繋いでいたのは

「5人全員!」

 

なんと言うことでしょう。

そういうオチですか。笑

 

ヒロインレースはみんな平等にスタートしたということでしょう。

 

五等分の花嫁の物語はここから始まると言っても過言ではありませんね。

 

ようやくスタートラインと言えるところ。

1期の最終回にしては完璧な終わり方ではないでしょうか。

 

入院までしていたのか風太郎。

重症じゃないか。笑

 

そして5人で勉強する話に。

 

ニ乃もしっかり参加すると言うあたり成長しましたね!

 

といったところでおしまい。

うん、面白かった!

そして2期が待ち遠しいですね!

【五等分の花嫁 第12話 結びの伝説2000日目】感想のまとめ

最終回ということもあって、盛りだくさんな回でした。

最初は2000日目と書いてあって何事?進撃の巨人?とか思いましたが、どうやら結婚するタイミングが2000日目ということのようです。

 

物語序盤は五月探し、あっさりと五月を見つけた風太郎は風邪で倒れてしまいます。

そして風太郎を看病しようと部屋に忍び込む5人。

 

5人全員が風太郎を心配して行動をするあたり、12話かけて育てた信頼関係を表しているなぁと思いました。

 

そして後半の結婚式のシーン。

衣装が5人分用意されていたということは、5回お色直しするわけでもないでしょうから、5人と結婚するのか?とか思いましたが、どうやらそうではない様子。

 

明確に1人を選ぶようですね。

果たして誰になるやら。

 

今の所は三玖の1人勝ち感がありますが、一花もレースに参加するでしょう。

 

そして四葉の嘘告白も忘れていませんよ(前も言ってたけど)

四葉もレースに参加するはず。

 

ニ乃と五月はわかりません。

ニ乃に関しては金太郎くんという相手でヒロインレースを独走しているわけではありますが。

 

さてさて面白くなってきましたね!

ここで終わりだとあまりにも物語の序盤で続きが気になり発狂しそうですが、なんと2期があるとのことで今から楽しみです。

 

2期ではネット上の「一花やばい」の真相も明らかになると思いますし、ネット上に多いニ乃推しの理由もわかるのでしょうか。

今のところニ乃がそんなに大人気になる理由がわからないんですよね。

 

個人的には一花とニ乃の動向が楽しみで仕方ありません!

2期まで原作を読むか悩ましいのですが、これは読んでしまうかも。

 

面白すぎる!

もし読んでしまった場合、レビューは原作既読でのものになりますので、ご了承ください。

 

そして最後まで僕のレビューにお付き合いいただきありがとうございました!

今後もどんどんアニメ見て記事を更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

といったところで今回はここまで。

ではでは〜

 

アニメの見逃し配信について

「アニメを見逃してしまった」または「もう一度観たい!」

という場合は『dアニメストア』『Hulu』をおすすめします。

当ブログで紹介しているアニメのほとんどが『dアニメ』と『Hulu』で視聴可能です。

どちらも無料体験期間があるのでお気軽にお試しくださいね!

 

dアニメストア

アニメの作品数が圧倒的。
月額400円(税別)
31日間無料体験可能!

Hulu

アニメ以外にも海外ドラマや映画も豊富!
月額933円(税別)
14日間無料体験可能!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です